ケア・お手入れ

チワワに寒さ対策をしよう!チワワは寒暖差が激しい環境が苦手

チワワにはスムースコートとロングコートどちらも夏も得意ではありませんが、冬の寒さも体の負担が大きく苦手です。チワワにはしっかりと寒さ対策をして上げる必要があります。今回は、チワワの寒さ対策を紹介したいと思います。

チワワが過ごしやすい室温

チワワにとっての理想は、室温25℃前後、湿度50%前後の環境とされています。チワワは家の中で生活をするワンちゃんです。チワワは基本は、床に近い位置にいて生活をしています。室内の気温や湿度を計測する際は、チワワがいる床近くの情報も測定して把握しておきことが重要です。人が感じている室温とチワワが感じる室温には高低差分の差があります。冬場はとくに、暖房を使う場合、部屋の天井近くと床近くでは温度が異なります。サーキュレーターなどで部屋の空気を循環させて一定にしおく工夫があるとチワワも快適に過ごせるでしょう。

チワワ向けの寒さ対策


チワワの寒さ対策が特に気をつけなければならない場合というのは次の3つになるとおもいます。
「外出のため室温を調整できてない時間」
「就寝中」
「散歩の時間」
これらの間はケアしてあげることが難しいので、チワワが寒さから逃れられるように準備が必要です。

チワワの寒さ対策:外出時

チワワの体温を逃げにくくするため、チワワの寝床に毛布を用意しておきましょう。犬はおなか側の毛が薄いので、毛布を使う場合は上からかけるより、下にふわふわの毛布を敷いてあげると効果的です。
服を着るのが嫌がらないチワワの場合は、服も着せてあげると寒さ対策もかなりできます。

チワワの寒さ対策:就寝時

真冬の夜から朝方にかけてはかなり室内も冷えてきます。外出時と同じように、寝床にふわふわの毛布を用意し、服を着せておくと寒さ対策にもなりますが。真冬でかなり寒い日は電気毛布の上に毛布を敷いて温かい寝床を用意してあげるのもの寒さ対策になります。電気毛布の温度は設定は低くしておき、低温やけどにならないように気をつけましょう。電気毛布を低温に設定していても、体温と電気毛布の温度と毛布が間に入ることで暖かくなります。

チワワの寒さ対策:散歩

冬の寒い日は外で散歩をすると、地面の寒さもチワワに負担になります。できるだけ、太陽の日差しがある温かい時間に散歩をするようにしたり、嫌がらないチワワであるなら服や靴下などを履かせて寒さ対策をしましょう。

寒さ対策の注意点

暖房器具

寒さ対策として、日常的に、暖房で空気を温めて部屋全体を温かくする時間が多いと思いますが、チワワは寒がりで、暖房の近くに行こうとします、そうすることで、暖房器具の熱風を長時間浴びて部分的に体温が上がりすぎていたり、ヤケドや熱中症にも注意が必要です。
犬は自分の体温の変化に意外と鈍感ないきものです。「暑い」と感じるはずなのに熱源から離れず、体温が上がりすぎの状態になって立ち上がるなどということもあります。特に老犬になればその傾向は増えると言われていますので、熱源に近い場所には近寄れないような工夫を施す必要があります。
留守番させる場合は暖房器具をサークルで囲ったり、チワワが近付けない場所に設置した暖房器具を利用するなどの注意をしましょう。

新鮮な水

暖房によって、チワワが体温が上がったとき、体温をさげられるよう、冷たい床を残しておく、新鮮な水を好きなだけ飲めるように、水はしっかり準備をしましょう。

快適な過ごせる環境を整えましょう

チワワは床に近い場所で生活しており、寒さに弱いワンちゃんです。できるだけ暖かく過ごせる寝床などを用意しておいて、チワワ自身で寒さ対策ができるようにしてあげましょう。